誰もが羨む肌になりたいなら炭酸パックを試そう

レディ

綺麗な背中になるために

背中

原因と予防法治療法

まず、背中のニキビは主に毛穴が詰まること、過剰な刺激、ホルモンバランスの乱れで起きてしまします。汗で蒸れやすい夏に皮脂が毛穴につまってしまったり、シャンプーやボディーソープなどのすすぎ残しが毛穴に詰まることで、炎症を起こし、ニキビができます。また、体を洗う時に必要以上にゴシゴシと洗うことにより、皮膚に過剰な刺激を与えることになるます。そうすると、肌の防衛機能が働き、角質が厚くなることで、毛穴に詰まりやすくなり、結果としてニキビにつながります。そして、生活習慣が乱れているとホルモンバランスが崩れ、皮脂が出や、すくなるため、背中ニキビができやすくなります。汗をかいたら、早めに着替えたり綺麗にふき取るようにしましょう。また、シャンプーやリンスなどのすすぎ残しがないようにしっかりと体を洗い流す事も重要です。更に、必要以上にゴシゴシ洗わないことや、生活習慣を整えることなどでも背中ニキビを防止することができます。背中ニキビの跡は残ると治すのが大変になるので、できる限り跡に残らない前に防止することが大切です。既にできてしまった背中ニキビの跡を治すには、自宅でできる方法と、皮膚科などの医療機関に頼る方法があります。医療移管での治療法は、しっかりと治すならば、レーザー治療が主となっています。レーザー治療で効果が出にくい人はホルモン治療に切り替わることもあります。自宅でできる治療法としては、防止方法を行いつつ、背中を保湿してあげるということです。乾燥が天敵なので、保湿することは非常に大切なこととなります。クレーターのような跡は自宅で治すのはなかなか難しいのですが、赤みを帯びている跡や、軽い色素沈着跡程度ならば、保湿、美白にて治すことができます。また、症状が軽い状態であれば、背中ニキビの跡に効果のある化粧品を利用して改善することも可能です。化粧品にも様々な種類がありますが、なるべく保湿効果のある成分が多く含まれているものを選ぶとよいでしょう。しかし、人によっては肌に合うものと合わないものがあります。そのため、購入する前にどのような成分が含まれているかを確認し、自分の肌に適しているものを購入しましょう。